ビュールレ・コレクション


開館30周年記念

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

名古屋市美術館



世界最高峰の印象派コレクション、最後の来日! 

カミーユ・ピサロ

《ルーヴシエンヌの雪道》

1870年頃 油彩、カンヴァス 43.5×65.5cm

©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)


 ドイツに生まれ、スイスに移住したエミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956)は、戦前から戦後にかけて富を築く一方、生涯を通じて美術品の収集に情熱を注ぎました。ビュールレは1937年にスイス国籍を得て、一家とともに移り住んだチューリヒの邸宅を飾るため、美術品の購入をはじめます。時にはレンブラントやファン・ゴッホの贋作を購入してしまうなどの失敗もありながら、信頼のおける画商たちとの出会いを経て、自身のコレクションを増やしていきました。やがてビュールレ・コレクションは、フランスの印象派とポスト印象派を中心に、それらの作品への理解を深めるものとして16世紀から18世紀のオランダ派やヴェネツィア派の絵画やゴシック式彫刻などの古典作品から、ナビ派、フォーヴィスム、キュビスム、1900年以降のフランス前衛絵画までを揃え、世界を代表するプライベート・コレクションの一つとなりました。

 名作揃いのビュールレ・コレクションですが、これまでヨーロッパ以外へ所蔵品がまとまって貸し出されたことはほとんどなく、日本で紹介されたのは、ビュールレ氏の生誕100年を記念し、1990年から1991年にワシントン、モントリオール、横浜、ロンドンで開催された世界巡回展の1回限りでした。これまでは、ビュールレが作品を保管していた邸宅の別棟を改装した美術館で、この優れたコレクションを鑑賞することができましたが、その美術館は2015年に閉館され、今回27年ぶりに日本でコレクション展が実現することになりました。

 2020年にビュールレ・コレクションの所蔵作品は一括して、チューリヒ美術館に管理が移ることが決まっており、今回の展覧会は日本でコレクションの全貌を見ることができる最後の貴重な機会となります。印象派の作品を中心に約60点の名作が揃った「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」をご堪能ください。

至上の印象派展 ビュールレ・コレクションの案内パンフレットより


ピエール=オーギュスト・ルノワール

《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢

(可愛いイレーヌ)》

1880年 油彩、カンヴァス 65×54cm

©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

エドゥアール・マネ

《ベルヴュの庭の隅》

1880年 油彩、カンヴァス 91×70cm

©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

ポール・セザンヌ

《パレットを持つ自画像》

1890年頃 油彩、カンヴァス 92×73cm

©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)


フィンセント・ファン・ゴッホ

《花咲くマロニエの枝》

1890年 油彩、カンヴァス 73×92cm

©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)


メッセージ Message

 日本はフランス印象派の作品の収集と展示において、長く豊かな歴史を有しています。それゆえ、E.G.ビュールレ・コレクション財団は、世界で最も優れたフランス印象派絵画のプライベート・コレクションであるビュールレ・コレクションを日本でご紹介できることを、誇りに思うと同時に、大変喜ばしく思っております。本コレクションは、スイスの実業家であるエミール・ゲオルク・ビュールレが、1937年から1956年にかけて収集したものです。ピエール=オーギュスト・ルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》や、ポール・セザンヌの《赤いチョッキの少年》などの貴重な作品が当時はまだ入手可能であり、これらの傑作を得たことにより、ビュールレは近代ヨーロッパ絵画の最高傑作を所蔵するコレクターとなりました。
 ビュールレは大学生の頃からヨーロッパ美術の歴史に大きな興味を寄せ、やがてコレクターとなりました。E.G.ビュールレ・コレクション財団は、ビュールレ・コレクションの個性が感じられるような作品の数々を日本の皆様にご覧いただけることを大変楽しみにしております。そして、美術に造詣の深い日本の皆様が、西洋美術を有するプライベート・コレクションの中でも、特別な存在感を示すビュールレ・コレクションの素晴らしさをご堪能いただけるものと確信しております

E.G.ビュールレ・コレクション財団 館長
ルーカス・グルーア


見どころ@ 「至上の印象派コレクション」

 本展ではドラクロワ、ドガ、マネ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、モネ、セザンヌ、マティス、ピカソ…「この絵はビュールレ・コレクションにあったのか!」と驚く、豪華な作家たちの競演が繰り広げられます。特に印象派・ポスト印象派の作品は傑作揃いで、絵画史上、最も有名な少女像ともいわれるルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》とセザンヌの《赤いチョッキの少年》は印象派の中でも人気の高い両巨匠の「最高傑作」として知られています。 

(ビュールレ・コレクション 至上の印象派展 公式HPから)

見どころA 「全て、一人のコレクターが集めました」

 ドイツに生まれ、スイスで後半生をすごしたエミール・ゲオルク・ビュールレは、第一次・第二次世界大戦を経験し、実業家として成功して富を築きました。彼は心の拠りどころとして美術作品を収集し、コレクションはチューリヒにある邸宅の隣の別棟に飾られました。彼の死後、別棟は美術館として一般公開されましたが、スイス国外にコレクションがまとまって公開されたのは過去に数回のみでした。2008年、世界的に報じられた4点の絵画盗難事件以来、一般公開が規制され、2020年にチューリヒ美術館に全コレクションが移管されることになりました。今回はビュールレのコレクターとしての全体像がみられる最後の機会です。

(ビュールレ・コレクション 至上の印象派展 公式HPから)

見どころB 「出品作のおよそ半数が日本初公開!」

 ビュールレ・コレクションには、モネ、ゴッホ、セザンヌなどの傑作が数多く含まれ、近代美術の精華ともいえる本展の出品作品、約60点の半数は日本初公開です。なかでもモネの代表作の一つ、高さ2メートル×幅4メートルの大作《睡蓮の池、緑の反映》は、これまでスイス国外には一度も出たことがありませんでした。日本人がまだ見たことのないモネの「睡蓮」。門外不出といわれたモネの最高傑作をこの機会にぜひご覧ください。

(ビュールレ・コレクション 至上の印象派展 公式HPから)


 期  間

平成30年(2018)7月28日(土) 〜 平成30年(2018)9月24日(月・休)

午前9時30分 〜 午後5時 まで (毎週金曜日は午後8時まで)

(入場は閉館時間の30分前まで)


休館日: 毎週月曜日(ただし8月13日、9月17日、9月24日は除く)、9月18日(火)


 会 場 

名古屋市美術館 (〒460-0008 名古屋市中区栄2丁目17番25号 白川公園内) 地図


 入場料 

  当 日 前売・団体
一般 1,500円 1,300円
大学生 1,000円   800円
高校生   800円   600円
中学生以下 無料 無料
団体割引は20名以上です。

前売券は、4月1日(日)から発売  前売り券は主要プレイガイド、チケットぴあ(Pコード768-675)、ローソンチケット(Lコード45565)、セブンチケット、イープラス、主なコンビニエンスストア、中日新聞販売店、中日文化センターなどで4月1日(日)から7月27日(金)まで販売。*手数料がかかる場合があります。

身体等に障害のある方は、手帳の提示により本人と付添者2名まで当日料金の半額です。 窓口にてお問合せください。

名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用して来館すると、100円割引されます。

「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で団体料金が適用されます。

いずれも他の割引との併用はできません。

「至上の印象派展」の観覧券で常設展もご覧いただけます。

「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」 入場券を

5組10名の方にプレゼントします。

 当ホームページでは中日新聞社のご協力によりまして、 「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」の入場券を5組10名の方にプレゼントいたします。

入場券ご希望の方は、〒、住所、氏名(ふりがな)、電話番号をご記入の上、下記いずれかの方法でお申し込み下さい。申し込みの〆切は7/20 (金)です。

ハガキ

454-0911 名古屋市中川区高畑2-103 豊常ビル306

はんな出版 「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」 係 宛へ

 FAX

FAX番号 052-365−0756 へ

 E-MAIL

hannahpress@nifty.com

※ 申し込みの締切は7月20日(金)です。応募多数の場合は抽選いたします。 

※ 入場券の発送にてプレゼントの発表といたします。 プレゼント送付

   (お申込みいただいた個人情報は入場券プレゼント以外には一切使用しません)

 ★ 会期中の関連催事 ★

@ 記念講演会  事前申込制

日 時

 8月5日(日) 午後2時〜

講 師

 高階秀爾 氏 (大原美術館館長)

演 題  「エミール・ビュールレと大原孫三郎 東西の大コレクター」

場 所

 美術館2階講堂にて、定員180名、聴講無料(展覧会観覧券が必要、観覧済半券も可)

申込〆切  7月22日(日)必着

A作品解説会 事前申込制

日 時

 8月18日(土) 午後2時 〜 午後3時30分  

 9月15日(土) 午後2時 〜 午後3時30分

講 師

 深谷克典 氏 (名古屋市美術館副館長)

場 所  美術館2階講堂にて、定員180名、聴講無料(展覧会観覧券が必要、観覧済半券も可)
申込〆切

 8月18日(土)分  8月4日(土)必着

 9月15日(土)分  9月1日(土)必着

[ 申込方法 ]

名古屋市電子申請サービスまたは往復はがきにて。

往復はがきは、郵便番号・住所・氏名・電話番号・聴講希望日(1つまで)・聴講人数(2名まで)を記入し、

〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-25 名古屋市美術館 「講演会 / 解説会」係まで。

応募多数の場合は抽選。詳細は名古屋市美術館HPにて。


主 催 :

名古屋市美術館、中日新聞社、NHK名古屋放送局、NHKプラネット中部

後 援 :

外務省、スイス大使館、愛知県・岐阜県各教育委員会、名古屋市立小中学校PTA協議会

協 賛 :

損保ジャパン日本興亜、アイシン・エィ・ダブリュ、東海東京証券

協 力 :

スイス政府観光局、スイスインターナショナルエアラインズ、日本貨物航空、

ヤマトグローバルロジスティクスジャパン、名古屋市交通局、JR東海、近畿日本鉄道

 

 お問合せ :

中日新聞社文化事業部 TEL:052-201-3766  FAX:052-221-0739

名古屋市美術館 TEL:052-212-0001  FAX:052-212-0005

 http://www.art-museum.city.nagoya.jp/ (名古屋市美術館HP)

 http://www.buehrle2018.jp/ (ビュールレ・コレクション 至上の印象派展HP)


HOMEに戻る    前に戻る 

 top