特別展   画僧 月僊    名古屋市博物館


 伊勢湾台風60年事業

特別展  治水・震災・伊勢湾台風   名古屋市博物館



 東日本大震災以降、災害に対する社会的関心が大きく高まる中で、今年は伊勢湾台風から60年の節目を迎えます。私たちの住む濃尾平野では、歴史上どのような災害が起きてきたのでしょうか。そして人々はどのように災害と向き合ってきたのでしょうか。

 災害は単なる自然現象ではなく、被害を受ける人々がいて初めて災害となります。そのため、災害の発生した地域や時代の特質が被害や復興の様子に大きく影響します。

 そこで本展では、災害に関わる社会の動き、特に「開発と環境」「被災者支援の担い手」という2つの要素を軸に、濃尾平野を襲った歴史災害に迫ります。


 尾張・美濃地方における災害の歴史を、江戸時代の治水、濃尾震災など近代の地震、そして伊勢湾台風と、およそ300年にわたって一挙に紹介します。そこには、本展で初めて紹介する最新の研究成果も多数含まれます。


 

尾張名古屋の名物藩士、水害の被災地を往く

高力猿猴庵『安永洪水図』 安永8年(1779)名古屋市博物館蔵

 

安永8年(1779) 安永大洪水

 

豊かで鋭い観察眼を持った尾張藩士高力猿猴庵の記録

 


 安政元年(1854) 安政東海地震

安政東海地震後、伊勢湾岸の干拓地域では大幅な地盤沈下が自然環境を大きく変え、以降も高潮被害などの後遺症を残しました。


近代日本の直面した最初の大地震

明治廿四年十月廿八日大地震図 明治24年(1891) 名古屋市博物館蔵 

 明治24年(1891) 濃尾震災

明治 24年(1891)に起きた濃尾震災は、近代日本が初めて直面した大地震です。
江戸時代以来の錦絵や、新たに登場した写真というメディアが被災地の様子を発信しました。

 


 昭和 34年(1959) 伊勢湾台風
博物館では、伊勢湾台風に関連する資料を市民に呼びかけ、収集してきました。
これからも大災害の経験を伝えていくため、伊勢湾台風の「生」の資料をご紹介します。

大同工業高校(山田芳写真資料)昭和34年(1959)


 期  間

令和元年(2019)9月21日(土) 〜 令和元年(2019)11月4日(月・休)

午前9時30分 〜 午後5時 まで

(入場は閉館時間の30分前まで)


休館日: 毎週月曜日・第4火曜日 (祝休日の場合は開館、翌平日休館)


 会 場 

名古屋市博物館 (〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1) 地図


 観覧料 

  当 日 常設展入場
一般 300円 常設展との共通料金 400円 
高・大学生 無料 常設展入場は別途料金
小・中学生 無料 常設展入場は別途料金
市内在住65才以上 無料 常設展入場は別途料金
無料観覧には学生証・敬老手帳等の提示が必要です。

常設展との共通料金は400円。高大生・市内在住の65歳以上の方が常設展に入場される際は別途料金が必要です。

名古屋市交通局発行のドニチエコきっぷまたは一日乗車券を利用して来館された方は50円割引されます。

身体等に障害のある方は手帳、難病患者の方は受給者証の提示により本人と介護者2名まで料金無料。 窓口にてお問合せください。

30名以上の団体は割引があります。お問い合わせください。

各種割引を重複して利用することはできません。


特別展「治水・震災・伊勢湾台風」の入場券を

5組10名の方にプレゼントします。

 当ホームページでは名古屋市博物館のご協力によりまして、 「治水・震災・伊勢湾台風 」展の入場券を5組10名の方にプレゼントいたします。

入場券ご希望の方は、〒、住所、氏名(ふりがな)、電話番号をご記入の上、下記いずれかの方法でお申し込み下さい。

ハガキ

454-0911 名古屋市中川区高畑2-103 豊常ビル306

はんな出版 「治水・震災・伊勢湾台風 展」 係 宛へ

 FAX

FAX番号 052-365−0756 へ

 E-MAIL

hannahpress@nifty.com

※ 入場券の発送にてプレゼントの発表といたします。 プレゼント送付

   (お申込みいただいた個人情報は入場券プレゼント以外には一切使用しません)

 ★ 会期中の関連事業 ★    災害を考える

シンポジウム  「災害と文化財・地域文化」

陸前高田市立博物館で文化財レスキューに従事してきた学芸員による、東日本大震災の被害から博物館再建に向けての取り組みをご紹介。併せて、東海地方の各県博物館協会などの担当者から今進めている災害対策の取り組みを報告。文化財、ひいては地域文化をいかにして災害から守るのかを考えます。

日 時

 9月21日(土) 13時30分〜15時 (開場は13:00)

会 場

 名古屋市博物館 地下 1 階 講堂 (当日先着 220 名)

共 催

 愛知県博物館協会

講 師

 陸前高田市立博物館学芸員・名古屋市博物館学芸員・愛知県博物館協会担当者等

 

 ※聴講は無料。ただし聴講には本展の観覧券(観覧済み半券可)、整理券が必要です。

 ※当日9時30分より聴講整理券を展覧会場入口で先着順に配布します。(1観覧券につき1枚のみ)

 ※講演会で、手話通訳・要約筆記などによるサポートをご希望の方は、当日の2週間前までに博物館までご相談下さい。

シンポジウム  「災害史を学ぶ」

伊勢湾台風をはじめとする災害関係資料を所蔵・活用に取り組んできた名古屋市鶴舞中央図書館・南図書館や名古屋市博物館の司書・学芸員が、災害教育にいかにして図書館・博物館が貢献できるかを議論します。

日 時

 9月28日(土) 13時30分 〜 15時 (開場は13:00)

会 場

 名古屋市博物館  1 階 展示説明室 (無料・定員 100 名)

講 師

 名古屋市鶴舞中央図書館司書・名古屋市博物館学芸員

防災ワークショップ 「非常時に役立つ! 「紙食器」作り&牛乳パックDEホイッスル!」

日 時

 10月14日(月・祝) 10時00分 〜 15時00分 (随時受付・実施)

会 場

 名古屋市博物館  1 階 展示説明室 (無料)

協 力

 名古屋市港防災センター

連続講座

9月23日(月・祝)

伊勢湾台風

10月19日(土)

江戸時代の治水

11月3日(日)

転換期の震災

時 間

 13時30分〜14時30分 (開場は13:00)

会 場

 名古屋市博物館   1 階 展示説明室 (無料・各回定員100名)

講 師

 名古屋市博物館学芸員 鈴木雅


 ★ 連携事業

災害を伝える

災害に関する様々な機関・施設の取り組みをブース形式で紹介します。

連携予定機関

陸前高田市立博物館、名古屋市鶴舞中央図書館・南図書館、名古屋市港防災センター、港まちづくり協議会、名古屋大学減災連携センター、名古屋大学附属図書館


主 催 :

名古屋市博物館

協 賛 :

矢作建設工業株式会社

 

 
 

 お問合せ :

名古屋市博物館 TEL:052-853-2655

展覧会ホームページ http://www.museum.city.nagoya.jp/


HOMEに戻る    前に戻る 

 top