やなせたかしとアンパンマン    名古屋市博物館


 特別展 やなせたかし生誕100周年記念

やなせたかしとアンパンマン

名古屋市博物館


やなせたかしとアンパンマン

 アンパンマンの生みの親・やなせたかし(1919-2013)は、漫画家、詩人、イラストレーター、絵本作家など、多岐にわたって活躍しました。彼の作品はいまもなお、多くの人々に夢と希望を与え続けています。

 本展ではやなせの生誕100周年を記念し、彼の多彩な創作活動の歩みを、「アンパンマン」など代表作の絵本原画やタブロー画、創作活動の原点とも言える漫画や、多くの人々の心を捉えてきた詩、30年間編集長をつとめた雑誌『詩とメルヘン』の表紙原画などから辿ります。やなせの温かい人柄やその人生観に、作品を通して触れてみてください。

 大人から子どもまで楽しめる展覧会です。この冬、親子ではじめての展覧会デビューをしませんか?


やなせたかし Profile
1919 年 2 月 6 日、高知県出身。東京高等工芸学校工芸図案科(現千葉大学)卒業。東京田辺製薬宣伝部に入社後、徴兵され小倉の部隊に入隊。復員後、高知新聞社に入社し、雑誌の編集を担当。その後上京し、三越宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務。1953 年退社、フリーとなり、舞台美術家、作詞家、放送作家として活躍する。1967 年に「ボオ氏」が週刊朝日マンガ賞受賞。1973 年月刊『詩とメルヘン』をサンリオから創刊。同年フレーベル館の月刊絵本「キンダーおはなしえほん」に『あんぱんまん』を掲載。1988 年にアニメ『それいけ!アンパンマン』が放映され爆発的な人気となる。1996 年、故郷高知県香美郡香北町(現香美市)に「やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム」開館。

2013 年 10 月 13 日永眠、享年 94 歳。


漫 画

やなせは 1953 年にフリーの漫画家としてデビューします。初期には広告漫画や成人雑誌、新聞への連載漫画を多く手がけていました。
 これらの漫画には台詞が全くありません。世界共通で笑える漫画を目指したのです。やなせが「パントマイム漫画」と呼ぶこれらの漫画は、彼の原点と言えるでしょう。

「やなせたかしとアンパンマン展」 ボオ氏

 

ボオ氏

帽子を目深にかぶり顔の見えない主人公。

「ボオ氏」は、「帽子」と「某氏」をかけた名前。やなせを代表するキャラクターとして、漫画以外の作品にも描かれていく。
 

 ボオ氏

 ©やなせたかし (公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団蔵


詩とイラスト

 やなせは詩人やイラストレーターとしても精力的に活動しました。誰にでもわかる、やさしい言葉でうたったやなせの詩は、多くの人の共感を呼びました。また、どこか幻想的で、抒情的な雰囲気が漂うイラストは、その作風の幅広さに驚かされます。
 詩とイラストなどの月刊公募誌『詩とメルヘン』は、やなせが 30 年間すべての表紙画を描き、編集も自身で行った雑誌です。

 やなせのもとに集った新たな作家たちを紹介する場でもありました。

「やなせたかしとアンパンマン展」 シェエラザード

 

シェエラザード

 

シェエラザード姫が語るアラビアンナイトの世界を、やなせ独自の視点で描き出した作品。
 

 

 

ジュニア・カセット音楽文庫 3
『シェエラザード』
ヤマハ音楽振興会、1988 年

 ©やなせたかし (公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団蔵


「やなせたかしとアンパンマン展」 絶望のとなりに

絶望のとなりに


© やなせたかし (公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団蔵


絵本原画

 1965 年、やなせははじめて子ども向けの絵本を描きます。
 絵本の 2 作目となる『やさしいライオン』は、母犬と仔ライオンの種を越えた親子の愛情物語が多くの人々の心を捉え、その後数々の絵本の出版依頼がくるきっかけの作品となりました。
 『やさしいライオン』を中心に、やなせの絵本原画を紹介します。

 

「やなせたかしとアンパンマン展」 『やさしいライオン』フレーベル館1975年

『やさしいライオン』フレーベル館、

1975年

 

©やなせたかし (公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団蔵


アンパンマン誕生

 1969 年、大人のためのメルヘン集のなかでひっそりと産声をあげたアンパンマンは、1973 年に幼児向けの絵本として発表されると、大人たちの間では不評だった一方、子どもたちの心をつかみ、大人気となりました。
 国民的キャラクターとなったアンパンマンはどのように誕生したのか?そのひみつを紹介します。

 

 
「やなせたかしとアンパンマン展」 『あんぱんまん』フレーベル館 1976年

『あんぱんまん』フレーベル館、1976年

 ©やなせたかし (公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団蔵


アンパンマン

タブロー画の世界

 1996年7月、故郷である高知県香美郡香北町(現香美市)に「やなせたかし記念館アンパンマンミュージアム」が開館しました。やなせは展示室に飾るために、アンパンマンたちのタブロー画の制作をはじめます。アクリル絵具で描かれたやさしいタッチの作品は、1枚1枚がまるでストーリーを想像しながら楽しめる絵本のようです。
 大きなキャンバスに広がるアンパンマンの世界をお楽しみください。

「やなせたかしとアンパンマン展」 顔をあげるアンパンマン

 

足をすべらせ、暗い谷間に落ちて泣いていたうさぎのピョンきち。

目の前に飛んできたのはアンパンマン。
「さあ、ぼくの顔をあげる。食べてごらん。元気がでるよ。」
『アンパンマンミュージアムアートブック』より

 

 

顔をあげるアンパンマン

 

©やなせたかし (公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団蔵


 期  間

令和2年(2020)1月25日(土) 〜 令和2年(2020)3月29日(日)

午前9時30分 〜 午後5時 まで

(入場は閉館時間の30分前まで)


休館日: 毎週月曜日 (祝休日の場合はその直後の平日)・第4火曜日


 会 場 

名古屋市博物館 (〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1) 地図


 観覧料 

  当 日 前売り/20名以上団体
一般 1、300円 1、100円
高・大学生   900円   700円
中学生以下   無 料   無 料
高大生、中学生は学生証を提示してください。

観覧券は名古屋市博物館、主要コンビニエンスストア、チケットぴあ (Pコード: 763-335)、ローソンチ
ケット (Lコード: 42349) 、セブンチケット、イープラス、市内主要プレイガイドで販売しています。

障害者等割引観覧券は名古屋市博物館、ローソンチケットで販売しています。

前売券は 2019年 11月2日から 1月24日まで販売しています。

名古屋市交通局発行のドニチエコきっぷ・一日乗車券を利用して来館された方は100円割引されます。

身体等に障害のある方は手帳の提示、難病患者の方は受給者証の提示により、本人と介護者2名まで当日料金が半額になります。 窓口にてお問合せください。

各種割引を重複して利用することはできません。


「やなせたかしとアンパンマン展」の入場券を

5組10名の方にプレゼントします。

 当ホームページでは名古屋市博物館のご協力によりまして、 特別展「やなせたかしとアンパンマン展」の入場券を5組10名の方にプレゼントいたします。

入場券ご希望の方は、〒、住所、氏名(ふりがな)、電話番号をご記入の上、下記いずれかの方法でお申し込み下さい。申込の締切は2020年1月17日(金)です。

ハガキ

454-0911 名古屋市中川区高畑2-103 豊常ビル306

はんな出版 特別展「やなせたかしとアンパンマン展」 係 宛へ

 FAX

FAX番号 052-365−0756 へ

 E-MAIL

hannahpress@nifty.com

※ 入場券の発送にてプレゼントの発表といたします。 プレゼント送付 (申込締切は2020/1/17

   (お申込みいただいた個人情報は入場券プレゼント以外には一切使用しません)

 ★ 会期中の関連事業 ★

記念講演会  「老いドル・やなせたかしの生き方と作品世界」

日 時

 1月25日(土) 13時30分〜15時 (開場は13:00)

会 場

 名古屋市博物館 地下 1 階 講堂 (聴講無料、当日先着 220 名)

講 師

 仙波美由紀 (公益財団法人やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団 学芸員)

 

聴講整理券は、当日 9 時 30 分より展示会場入口にて先着順に配布(1 名につき 1 枚のみ)。

一般・高大生は聴講整理券の受け取りに、本展の観覧券(観覧済み半券可)の提示が必要。

展示説明会  

日 時

 3月14日(土) 13時30分 〜 14時30分 (開場は13:00)

会 場

 名古屋市博物館  1 階 展示説明室 (聴講無料・当日先着 100 名)

講 師

 名古屋市博物館学芸員


親子で展覧会を楽しもう!

アンパンマンがパトロールにくるよ!

日 時

会期中の毎週日曜日

@11:30 A13:00 (各回20分程度)

 

※時間や回数は混雑状況によって変更する場合があります。
※撮影可能。(撮影用カメラはご持参ください)
※キャラクターは変更する場合があります。

絵 本 朗 読 会

日 時

3月11日(水)、12日(木)

@11:00〜 A13:30〜 (開場は30分前、各回30分程度)

会 場

 名古屋市博物館  1 階 展示説明室 (聴講無料・当日先着 100 名)

講 師

 中京テレビ放送アナウンサー


※手話通訳・要約筆記など特別なサポートを必要とする方は、
 当日の 2 週間前までに名古屋市博物館(TEL:052-853-2655  FAX: 052-853-3636)までご相談ください。


主 催 :

名古屋市博物館、中京テレビ放送

協 力 :

公益財団法人やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団、やなせスタジオ、フレーベル館、名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク

協 賛 :

フジパングループ本社株式会社


 お問合せ :

名古屋市博物館 TEL:052-853-2655

展覧会ホームページ https://www.ctv.co.jp/event/yanasetakashi/


HOMEに戻る    前に戻る 

 top