改組新日展名古屋展(にってんなごやてん)

2021年 改組 新 第7回 日展 名古屋展

新春の日展名古屋展を見に行こう

令和3年、新春恒例の「改組 新 第7回日展名古屋展 」が開催されます。(名称を日展東海展から日展名古屋展に変更)

日展名古屋展は、日展本展の出品作品(日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門)の中から指定された全国巡回作品の一部と、東海三県からの出品作品をあわせた376点を展示する日本最大級の総合美術展です。現代日本の美術界を代表する作家による新作発表の場であり、毎年多くの来場者を集め、東海地方の美術ファンにとって新春を彩る一大イベントとして根強い人気を誇っています。

※展示点数は都合により変更となる場合があります。ご了承ください。


第1科 (日本画)

日本画は、具象的で親しみやすい作品が多く、伝統を重んじながらも、新しい時代にふさわしい個性豊かな作風を打ち出しています。

主な作家は(つちや・れいいち)、成田環(なりた・たまき)、木村光宏(きむら・みつひろ)、長谷川喜久(はせがわ・よしひさ)です。

第2科 (洋画)

洋画は、写実的で色鮮やかな作品が多く、伝統的に女性や風景を題材とした作品が目立ちます。思わず息をのむほどの写実的なものもあります。

主な作家は、中山忠彦(なかやま・ただひこ)、藤森兼明(ふじもり・かねあき)、鈴木順一(すずき・じゅんいち)です。地元岐阜市の小川満章(おがわ・みつあき)が会員賞を受賞しました。

《窓辺にて》

小川満章

 
第3科 (彫刻)

彫刻は、写実的な分かりやすい具象彫刻が基調です。着衣や裸体の人物像が多く、健康的な、手堅いリアリティの中にも日本的ロマンを感じます。

主な作家は、中村晋也(なかむら・しんや)、山本眞輔(やまもと・しんすけ)、~戸峰男(かんべ・みねお)です。地元一宮市の櫻井真理(さくらい・まこと)が会員賞を受賞しました。

 

《烽火なき世を求めて》

~戸峰男

第4科 (工芸美術)

工芸美術は、陶磁器や漆、紙工芸から人形まで、多種多彩な材質・形態であり、きわめて革新的で斬新な現代工芸の魅力ある世界を展開しています。

主な作家は、奥田小由女(おくだ・さゆめ)、亀井勝(かめい・まさる)、加藤令吉(かとう・れいきち)です。

地元安城市の待田和宏(まちだ・かずひろ)が会員賞を受賞しました。

《命を守る》

奥田小由女

 
第5科 ( 書 )

《曹植詩》

樽本樹邨

書は、東洋の伝統を深く理解しながら、漢字に、仮名に、調和体に、また篆刻に、新時代にふさわしい斬新さがあります。百人一首や万葉集、島崎藤村らの詩などに出典を求めた作品も多く、作品横に付けられた作品解説と見比べてみると、より楽しめます。また、カラフルな料紙を使う作家も多く、色彩面でも楽しめます。

主な作家は、井茂圭洞(いしげ・けいどう)、樽本樹邨(たるもと・じゅそん)、鬼頭翔雲(きとう・しょううん)です。

 

 

展示室の撮影が可能

一部の作品を除き、展示室の撮影が可能です。

お気に入りの作品をSNSで共有し、みんなで日展を盛り上げよう


◆今回展では、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、作家による解説は行われません。


 期  間

令和3(2021)年1月27日(水) 〜 令和3年2月14日(日)

午前10時 〜 午後6時 (入場は閉館の30分前まで)

最終日は午後4時まで (入場は閉館の30分前まで)

休館日 : 2/1(月)、2/8(月)


場  所

愛知県美術館ギャラリー (名古屋市東区東桜1 愛知芸術文化センター8階) 地図

入場料

  当 日 前 売
一般 1,100円 900円
高校・大学生  800円 600円
中学生以下  無 料 無 料

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、同時に多くの方が入場することを避けるため、団体割引は行いません


改組 新 第7回日展名古屋展の入場券を5組10名の方にプレゼントします。

当ホームページでは日展名古屋展実行委員会のご協力によりまして、改組 新 第7回日展名古屋展 」の入場券を5組10名の方にプレゼントいたします。

入場券ご希望の方は、〒、住所、氏名(含 ふりがな)、電話番号をご記入の上、下記いずれかの方法でお申し込み下さい。 〆切は令和3年1月22日です。

ハガキ

454-0911 名古屋市中川区高畑2-103 豊常ビル306

はんな出版日展名古屋展プレゼント係 宛へ

FAX

FAX番号 052-365−0756 へ

E-MAIL

hannahpress@nifty.com

応募多数の場合は抽選いたします。締め切りは 2021/1/22(金)です。

※ 入場券の発送にてプレゼントの発表といたします。プレゼント送付

(お申込みいただいた個人情報は入場券プレゼント以外には一切使用しません)
 

 ★ 会期中の関連企画 ★

 日展まちなかギャラリー

公園の彫刻作品や、建物のロビーにある絵画や工芸美術作品、お店に飾られた書など、日展作家の作品は身近に数多く存在しています。

「日展まちなかギャラリー」では、東海地区にある日展作家の作品をご紹介します。

日展名古屋展公式サイトWEBではこのほかにも多数の作品を掲載。

マップやスマホを片手に、日展作品めぐりはいかがですか?

https://static.chunichi.co.jp/chunichi/pages/event/nitten/machinaka.html

〇 入館時にサーモカメラによる体温測定を行い、37.5℃以上の発熱が認められるお客様には、

   入館をお断りいたします。

〇 スタッフの健康管理(検温、マスクの着用、手洗いおよび手指の消毒)の徹底

〇 アルコール消毒液の設置

〇 外気取入れも含めた空気環境の維持

〇 混雑回避のための入場制限


主 催:

公益社団法人日展、日展名古屋展実行委員会、中日新聞社

後 援:

愛知・岐阜・三重各県教育委員会、名古屋市教育委員会

特別協賛:

理研産業補聴器センター

協 力:

名古屋市交通局、名古屋鉄道、近畿日本鉄道

問い合せ:

日展名古屋展実行委員会 (中日新聞社文化事業部内)  TEL 052-201-3766

日展名古屋展オフィシャルホームページ

 https://static.chunichi.co.jp/chunichi/pages/event/nitten/

愛知県美術館ギャラリー日展事務局 / TEL 052-971-5511 (展覧会会期中)

 


HOMEに戻る 前に戻る